TEAM
MEN
T.T彩たま木下マイスター東京岡山リベッツ琉球アスティーダ
WOMEN
木下アビエル神奈川トップおとめピンポンズ名古屋日本生命レッドエルフ日本ペイントマレッツ九州アスティーダ

【試合結果】12/25(土) vs.九州アスティーダ(第10戦)

試合

応援に応えきれなかった2021年ラストマッチ

【第1マッチ(ダブルス)】芝田 沙季・大藤 沙月 0-2 佐藤 瞳・橋本 帆乃香(8-11/6-11)

【第2マッチ(シングルス)】加藤 美優 2-3 横井 咲桜(11-8/11-5/7-11/6-11/9-11)

【第3マッチ(シングルス)】芝田 沙季 3-1 出澤 杏佳(11-5/11-8/5-11/11-6)

【第4マッチ(シングルス)】南波 侑里香0-3 橋本 帆乃香(9-11/10-11/7-11)

「すいません・・・」芝田選手から漏れた。たった5文字だけだが、その意味はとても重たく感じた。セントラル(リーグ主催)のアウェイゲームであったにも関わらず、マレッツの背中を押す応援が会場内を駆け巡っていた。応援してくれる人たちに勝利をプレゼントできなかった――そんな想いもあったのかもしれない。
「九州(アスティーダ)さんが一枚上だったということに尽きるけども、みんなプレッシャーに負けた感があったかな…」と三原監督。ここまでチームの勝利の鍵となっているダブルスは、手の内を知り尽くした同士(※4選手とも所属はミキハウス)の対決だっただけに難しい試合となった。芝田選手、大藤選手にとっては分の悪い相手ではなかったものの、佐藤選手、橋本選手ペアのチャレンジングな攻撃に軍配があがった。第2マッチの加藤選手も第4マッチの南波選手も、自分が絶対に勝たなければという状況に変わりなかった。相当なプレッシャーを感じていたはずだ。自分が勝たないとチームは勝てない、そんな想いが自らのプレーを微妙に狂わすこととなった。
2021年を勝利で締めくくることはできなかったが、2022年はよいスタートを切りたい。次回はホームゲーム。会場で今日以上の応援でマレッツの背中を押してほしい。

  • Photo by /T.LEAGUE/AFLO SPORT

TEAM PARTNER

TEAM SPONSORS
日本ペイントホールディングス株式会社