TEAM
MEN
T.T彩たま木下マイスター東京岡山リベッツ琉球アスティーダ
WOMEN
木下アビエル神奈川トップおとめピンポンズ名古屋日本生命レッドエルフ日本ペイントマレッツ九州アスティーダ

【試合結果】10/24(日) vs.木下アビエル神奈川(第9戦)

試合

“キャプテン”が魅せた8勝目

【第1マッチ(ダブルス)】
フォン ティエンウェイ・シャン シャオナ 2-1 三村 優果・木村 香純(5-11/11-6/11-9)

【第2マッチ(シングルス)】
大藤 沙月 3-0 谷岡 あゆか(11-2/11-10/11-5)

【第3マッチ(シングルス)】
フォン ティエンウェイ3-2 木原 美悠(8-11/11-10/8-11/11-5/11-8)

【第4マッチ(シングルス)】
芝田 沙季 3-1 木村 香純(11-6/11-4/7-11/11-9)

会場にフォン選手の声が何度も響き、握られた拳がその試合にかける想いを物語る。昨日に引き続きの第3マッチもフルゲームにもつれる息を呑む展開に…。6-6から始まる第5ゲームの“1本目”を取ると拳を握ってフォン選手の声が響く。それは自らを鼓舞するとともに、相手にプレッシャーを与えるかのごとく―――8点、9点、10点と点を取る度にその姿があった。だが、11点目は違った。声を放たず両手で2度3度と強く握り、勝利を噛み締めているようだった。ヒロインインタビューでは「昨日より調子がよかった」と話したフォン選手だったが、昨晩行われた試合にも2マッチ出場している。24時間以内に4マッチとハードな状況も言い訳にさせないフォン選手の活躍は、マレッツ勝ち点4への布石となった。
今日の試合について三原監督は「もちろんフォン選手の活躍があってこそだが、みんながよい試合をしていた。やはりダブルスで勝てているのが大きい。フォン選手・シャン選手ペアに対して相手が対策をしてくるも、試合中に修正し、ここで1本とらなければいけない局面でミスせずきっちりとプレーできるのは、改めて彼女たちのレベルの高さを感じさせられるところだ。1+1が2ではなく4以上の力になっている」と未だ無敗のダブルスペアに賛辞を贈った。
マレッツは9試合を戦い、8勝と波に乗っている。だが、その波は一人では起こせない。「全選手に気の緩みがない」と三原監督が話す通り、勝つことが相乗効果となっている。目の前の一本への集中し、どうその1本を取っていくのか――そのプレーを目の当たりにした選手へさらなる刺激にもなり、切磋琢磨している。これからもさらに成長していくマレッツ戦士から目が離せない。

☆Another Stories☆

フォン選手とともに点を取る度に、フォン選手とは違う声が会場を駆け抜ける――南波選手だ。2日間とも出場機会はなかったが、常にコートで戦う選手の背中を押し、皆とともに戦っていることは伝わってくる。
昨日は全日本選手権予選の後、試合直前に会場にかけつけ、試合を待つ間、疲れをもろともせず芝田選手の相手をつとめた。
いつも笑顔を絶やさない南波選手。きっと試合に出たいだろう。きっと悔しい思いをしているだろう。それでもチームの勝利の為に尽くす姿を忘れてはならない。

Photo by /T.LEAGUE/AFLO SPORT

TEAM PARTNER

TEAM SPONSORS
日本ペイントホールディングス株式会社