ノジマTリーグ 2018-2019シーズン 選手・スタッフ

8岸川 聖也Seiya Kishikawa PLAYER STATS

更新日:2019年3月31日(日)23:59

岸川 聖也
  • 背番号:8
  • 背ネーム:KISHIKAWA
  • 戦型:右シェークドライブ
  • 生年月日:1987年5月21日
  • 身長:168cm
  • 出身地:福岡県
  • 出身中学→高校→大学:北九州市立引野中学校→仙台育英高校
  • 経歴(過去の所属チーム):
  • 世界ランキング(最新):
  • 過去の最高世界ランク:
  1. プレースタイル

    ドライブ主戦型。特に、バックハンドの技術は非常に高く、日本の男子卓球選手に影響を与えたほどである。前・中陣での多彩なテクニックを駆使するオールラウンドプレーヤー。ボールの威力だけでなく、ドライブを左右に曲げたり、ボールを殺したりする緩急の使い分けもうまい。特にバックハンドの強さは際立っており、外国選手に対してはボールの威力よりも緻密な配球、回転の変化などで勝負しつつ、最後に思い切りの良い両ハンドを繰り出す。
    近年はチキータからの先制攻撃も加え、より多彩な技術と戦術を駆使している。

  2. プロフィール

    福岡県北九州市出身小学生時代から石田卓球クラブでその才能を開花させ、全国的に活躍。15歳、仙台育英秀光中学3年の時にドイツに渡り、デュッセルドルフで練習し、ドイツ3部リーグでプレーする。その後、ドイツには9シーズン在籍し、1部リーグのデュッセルドルフやオクセンハオゼンで活躍。特に、ドイツ留学の後、インターハイで3連勝し、日本人選手としての初の快挙を達成。一気に日本の中・高校生にドイツスタイルとも言うべき、モダンなシェーク攻撃スタイルが定着するきっかけとなる。
    ドイツで力をつけ、着実にプロツアーなどの国際舞台でも成績を出し、2009年世界選手権横浜大会では水谷と組んだ男子ダブルスで3位、2011年世界選手権ロッテルダム大会では福原と組んだ混合ダブルスで3位。2012年ロンドン五輪ではシングルスでランキング上位の呉尚垠を破り、ベスト8に入った。世界ランキングの自己最高位は2011年12月の16位。

  3. 主な戦績

    2002年 中学3年から約10年間、ブンデスリーグで活躍。
    2003年,2004年 世界ジュニアダブルス優勝。
    2003年から2005年 インターハイシングルス3連覇
    北京オリンピック、ロンドンオリンピック団体5位。
    2008年,2010年,2012年,2014年 世界卓球団体戦 3位
    2009年  ジャパントップ12優勝、2009年 世界卓球ダブルス3位(水谷隼とペア)
    2011年  ジャパンオープン優勝、2011年 世界卓球ミックスダブルス3位(福原愛とペア)
    2013年 世界卓球ダブルス3位(水谷隼とペア)