TEAM
MEN
T.T彩たま木下マイスター東京岡山リベッツ琉球アスティーダ
WOMEN
木下アビエル神奈川トップおとめピンポンズ名古屋日本生命レッドエルフ日本ペイントマレッツ九州アスティーダ

【試合結果】9/17(金) vs.トップおとめピンポンズ名古屋(第2戦)

試合

エースがビクトリーマッチを制し、開幕2連勝!

【第1マッチ(ダブルス)】
シャン シャオナ・永尾 尭子2-1 岡田 琴菜・大川 真実(6-11/11-4/11-9)

【第2マッチ(シングルス)】
加藤 美優 3-1 鈴木 李茄(6-11/11-4/11-7/11-7)

【第3マッチ(シングルス)】
大藤 沙月 0-3 大川 真実(9-11/10-11/10-11)

【第4マッチ(シングルス)】
シャン シャオナ 0-3 ハン イン(7-11/9-11/8-11)

【ビクトリーマッチ】
加藤 美優 1-0 鈴木 李茄(11-9)

三原監督は2勝を挙げた加藤選手を「技術もピカイチだが、ここ一番の集中力は本当に目を見張るものがある」と称えた。昨シーズン大車輪の活躍をみせたエースの強さは今シーズンも健在のようだ。
加藤選手は「最初はめちゃくちゃ緊張していました。コンディションも万全という訳ではなくて…」今シーズンの試合は今日が開幕となった加藤選手の手は、試合前、震えていた。ゲームが始まると絶対に勝つという強い気持ちをもち、冷静に戦略を考えてプレーできるのが彼女の強さの根底だろう。

第1マッチダブルスのシャン選手と永尾選手は、今シーズン初となるTリーグのコートだ。三原監督はダブルスの勝因は「永尾選手が踏ん張ってくれたからダブルスはとれた。このダブルスの1勝が大きかった」と褒めた。念入りに準備をする2選手をサポートしていたのはフォン選手と南波選手だ。今日の試合は出場しなかったが、2選手のTシャツににじむ汗は、“チーム一丸”という言葉を表現していたように思えた。

初のシングルス出場となった大藤選手。0-3という結果ではあったが、攻め続ける姿勢を貫く姿は観客を引き付けた。三原監督は「受け身になることなく、ずっと攻め続ける試合だった。よいプレーをし続けていただけに勝たせたかった」と肩を落とす。大藤選手は試合終了直後「自分が第3マッチで勝たなきゃいけなかったのに…すいません」と加藤選手へ駆け寄った。責任感も持ち合わせる小さな背中はとても頼もしく思える。

明日18日は開幕3連勝と首位をかけ、日本生命レッドエルフと対戦する。誰が試合に出るのか、チーム内の熾烈な競争にも注目していただきたい。


【次戦】※大分県在住の方のみ観戦いただけます

TEAM PARTNER

TEAM SPONSORS
日本ペイントホールディングス株式会社