TEAM
MEN
T.T彩たま木下マイスター東京岡山リベッツ琉球アスティーダ
WOMEN
木下アビエル神奈川トップおとめピンポンズ名古屋日本生命レッドエルフ日本ペイントマレッツ

【試合結果】2/13(土) vs.トップおとめピンポンズ名古屋(第20戦)

試合

加藤選手が一矢報い16勝目をあげるも、勝利が遠い一戦に。

【第1マッチ(ダブルス)】
永尾 尭子・サウェータブット スターシニー 1-2鈴木 李茄・山本 笙子
7-11/11-6/7-11

【第2マッチ(シングルス)】
フォン ティエンウェイ 0-3 安藤 みなみ
7-11/9-11/2-11

【第3マッチ(シングルス)】
加藤 美優 3-1 リン イエ
11-9/6-11/11-8/11-4

【第4マッチ(シングルス)】
サウェータブット スターシニー 0-3 ハン イン
4-11/5-11/4-11

「情けない」開口一番三原監督から出た言葉だった。その後も何回もこの“情けない”という言葉は繰り返えされた。そして一言。「プロとしてお客様に見せられる試合じゃなかった」と三原監督は厳しい言葉を続けた。シーズンも終盤だが、ここまで荒々しい言葉が出てくることはなかった。特に三原監督が指摘したのはフォン選手についてだった。「2ゲーム目の9-9となったときに2連続レシーブミスで落とした。変えるきっかけはあったはずだが、変えられていなかった。そして何より“1本を取るためにどうするか”という姿勢が加藤選手と全く違っていた。雰囲気も全然違う。団体戦の怖さを一番よくわかっているはずだからこそ、今日みたいに諦める姿は正直見たくなかった。フォン選手自身も解っているだろうが・・・。もう一度コーチたちとも話していかないと・・・」といつにもなく強い口調であった。逆に加藤選手が16勝目を手にしたことについては褒め称えた。「こんなにも選手を褒めることはないのだが・・・」と前置きし「リン選手とは連続の対戦となってしまい、分が悪いなと思っていたが、悪い流れの時は間合いをとり(加藤選手自身が)その流れを食い止めて勝ちに繋げた。冷静に自分を見て1本取るために何をすればよいのか、という執念が感じられた」と少しだけ顔がほころんだ。
三原監督は常に選手たちへ“真のプロフェッショナル”を求めている。「疲れで体の状態が悪かろうが、精神的に辛かろうがプロは関係ない。どんな状況であっても120%の力を出すのがプロだ」と。泣いても笑っても次戦が今シーズン最後の試合。“プロ”として悔いのない1戦にしてもらいたい。

☆カメラマンが選ぶベストショット☆

3ゲームめの8-3で加藤選手がリードするも、相手の4連続ポイントで1点差。 嫌な流れだったが、持ち前のバックハンドで流れを作った後の会心のガッツポーズ。 ラリー中にどんなガッツポーズをするか楽しみにシャッターを押した。

☆次戦2020-2021シーズン最終戦☆

TEAM PARTNER

TEAM SPONSORS
日本ペイントホールディングス株式会社