TEAM
MEN
T.T彩たま木下マイスター東京岡山リベッツ琉球アスティーダ
WOMEN
木下アビエル神奈川トップおとめピンポンズ名古屋日本生命レッドエルフ日本ペイントマレッツ九州アスティーダ

【試合結果】1/30(土) vs.トップおとめピンポンズ名古屋(第15戦)

試合

ビクトリーマッチを落とし、手痛い一敗を喫した。

【第1マッチ(ダブルス)】
永尾 尭子・サウェータブット スターシニー 0-2 鈴木 李茄・山本 笙子
6-11/9-11

【第2マッチ(シングルス)】
フォン ティエンウェイ 3-0 リン イエ
11-9/11-2/11-10

【第3マッチ(シングルス)】
加藤 美優 3-1 出澤 杏佳
11-9/7-11/11-8/11-7

【第4マッチ(シングルス)】
サウェータブット スターシニー 2-3 井林 茉里奈
11-10/10-11/11-9/8-11/9-11

【第5マッチ(シングルス)】
フォン ティエンウェイ 0-1 井林 茉里奈
10-12

貝塚での3連戦の最終日、ビクトリーマッチを落とし、手痛い一敗を喫した。「オーダー的には勝てそうな希望があったのだが・・・。フォン選手、加藤選手頼みになっているチームの悪いところがでた」と三原監督は肩を落とした。フォン選手の方が優位と思われたビクトリーマッチ。井林選手は思い切ったプレーをみせ得点を重ねていった。フォン選手も追い上げるものの、最後は前半の失点が重くのしかかった結果となった。
「スターシニー選手はあと一本取れていたら…という試合が続いている。勝負を左右する一本が取れていない。もう少しレパートリーを増やしていく必要もあると思う。次の試合は2月に入るので、もう一度チーム全体を立て直したい」と三原監督は次戦以降の巻き返しを誓った。

☆ 次 戦 ☆

TEAM PARTNER

TEAM SPONSORS
日本ペイントホールディングス株式会社