TEAM
MEN
T.T彩たま木下マイスター東京岡山リベッツ琉球アスティーダ
WOMEN
木下アビエル神奈川トップおとめピンポンズ名古屋日本生命レッドエルフ日本ペイントマレッツ九州アスティーダ

【試合結果】12/25(金)vsトップおとめピンポンズ名古屋(第9戦)

試合

2020年を勝利で締めくくった一戦


12/25(金) 日本ペイントマレッツ 3-1 トップおとめピンポンズ名古屋

【第1マッチ(ダブルス)】
永尾 尭子・フォン ティエンウェイ 2-0 エリザベタ サマラ・井林 茉里奈
11-6/11-7

【第2マッチ(シングルス)】
シャン シャオナ 3-2 リン イエ
11-3/9-11/11-8/9-11/11-7

【第3マッチ(シングルス)】
加藤 美優 3-1 エリザベタ サマラ
11-7/11-6/8-11/11-3

【第4マッチ(シングルス)】
フォン ティエンウェイ 1-3 ハン イン
11-7/4-11/8-11

「選手たちが力を存分に発揮してくれた」と三原監督。実は試合前に「オーダーは最悪…全て当たりたくない相手だ…」と漏らしていたのだ。三原監督の心配を吹き飛ばしたのは、そう、選手たち自身だった。試合前の練習時、全選手からただならぬ気合いを感じ、オーダーは関係ない“絶対に勝つ”そんな空気が漂っていた。フォン選手・永尾選手のペアが第一マッチを制すると、シャン選手も波に乗りフルゲームをものにした。続く加藤選手もプレッシャーのかかる場面でエースらしい活躍を魅せチームに勝利をもたらした。
今シーズン初の連勝に三原監督は「この連勝をやっぱり観客の皆さんと味わいたかった」と一言。リモートマッチになってから選手からも「やっぱりお客さんがいる方がいい、雰囲気が全然違う!」と聞こえてくる。いよいよ次戦1月22日からは観客の皆さんの前で試合ができる。ファイナル進出に向けて一戦一戦巻き返していきたい。

カメラマンのベストショット
“マレッツの背番号1は私だ”力のこもったスマッシュがチームを連勝に導いた。それを象徴するワンショットである。背番号1の加藤選手は、試合前の選手入場順も最初でありまさしくチームの顔。Tリーグ初年度から引っ張るエースの背中は今年も健在だと証明してくれた。

☆次戦☆
1/22(金)18:00〜 vs日本生命レッドエルフ @東和薬品RACTABドーム
※アウェイゲームとなります

TEAM PARTNER

TEAM SPONSORS
日本ペイントホールディングス株式会社