NEWS

日本ペイントマレッツ 大阪ダービーの連敗止められず!!

2018.12.04(火)試合
大阪に戻って12月初戦の相手は日本生命レッドエルフ。大阪ダービー4戦目です。この試合に勝って2勝2敗のタイにしたいマレッツでしたが、レッドエルフの勢いを止めることが出来ず悔しい大阪ダービー3連敗となりました。

この試合では加藤美優選手が初めてTリーグのコートに立ち、森選手に対して見事勝利を収めました。12月は上位2チームとの試合が続きますが、加藤選手を含めチーム全員の力で勝利を目指します。次戦は本日12/4(火)木下アビエル神奈川戦です。場所は変わらず高砂市総合体育館となります。引き続き応援よろしくお願いします。

オープニング

今回のオープニングは二部構成、最初は地元高砂市の「高砂太鼓」蕣会(あさがお会)のみなさんによる演技です!




マレットちゃん、西山紀代美バトンスクールSPARKLEの百冨真汐(ももどみましお)さん、山崎愛華(やまざきあいか)さんがDA PUMPのUSAに合わせてダンスを踊り、オープニングを盛り上げました。チームの勝利の女神となるか!?

左から山崎愛華(やまざきあいか)さん、マレットちゃん、百冨真汐(ももどみましお)さん


試合ハイライト

第1試合 ダブルス 馮・田代vs平野・常

マレッツはいつも通り馮・田代を起用。レッドエルフはTリーグ開幕戦以来の平野・常ペア。第1ゲーム、マレッツは馮、田代ともに全てのレシーブをバックで処理。そのほとんどはチキータだったが、平野・常ペアは動じない。特に平野は田代のチキータを前陣で強く攻めた。このプレッシャーからか田代のチキータにもオーバーミスが出て、1ゲーム目を5-11で落とす。2ゲーム目から馮はフォアハンドでレシーブしていくが、平野の早い打点の攻撃に苦しみ、3-6とリードされたところでタイムアウト。この後6-10とマッチポイントを握られてから10-10まで追いついたが、最後は10-12で取られストレート負け。レッドエルフに対してまたしても大事なダブルスを取ることが出来なかった。




第2試合 加藤vs森

開幕戦のベンチに入ったものの足に違和感があったため出場できなかった加藤が遂にTリーグ初戦を迎えた。相手は先月のベラルーシ・オープンで敗れた森選手。この時はゲームオールのデュースだったが、今回は見事にストレートで勝利した。1ゲーム目はバックハンドの威力と多彩かつ正確なレシーブでリードを保ち、最後はレシーブで台上バックドライブを決めた。第2ゲームは森選手が加藤のフォアサイドに球を散らして序盤リードされるが、中盤から対応。見事デュースで取る。第3ゲームは4-11で一方的に取り、加藤のTリーグ初勝利となった。加藤は試合中やや緊張した面持ちだったが、点を取るたびに声を出し、勝利への執念を感じさせた。ベンチに戻り、キャプテン田代と話す中でようやく笑顔を見せた。





ハーフタイム

西山紀代美バトンスクールSPARKLEの西山果穂(にしやまかほ)さん、百冨真汐(ももどみましお)さん、山崎愛華(やまざきあいか)さんが今日も素晴らしいショーを披露。完全にスクールの一員となったマレットちゃんも加わり息の合ったダンスを踊る。三原監督も参戦の意思を一瞬見せたが、そこは手拍子で我慢。レッドエルフの岸田コーチと前田選手もうっとりで、マレットちゃんがレッドエルフに完勝した瞬間だった。点が入らないのが残念である。


左から百冨真汐(ももどみましお)さん、マレットちゃん、山崎愛華(やまざきあいか)さん、西山果穂(にしやまかほ)さん


第3試合 馮vs早田

今Tリーグで一番乗っている早田選手をマレッツのエース馮が止められるか期待がかかったが、早田選手は打って良し守って良しで手の付けようがなかった。1ゲーム目は攻めてもブロックやカウンターで盛り返され、7-11で落とす。加藤も必死のアドバイスを送るが、2ゲーム目も流れ変わらず、早田選手の広角なバックハンドにも苦しめられる。第3ゲームも9-10まで迫るが、最後にサービスエースを取られストレート負けとなった。世界最高峰のラリーが続く素晴らしい試合であったが、悔しい敗戦。加藤とマレットちゃんの作った流れに乗れなかった。



第4試合 松平vs平野

松平はコントロール重視の小さいサーブを出したり、攻撃的なレシーブを混ぜたりと工夫を見せるが、平野がこれを苦にしない。第1試合のダブルス同様、前陣で早い打点を譲らない攻撃を見せる。松平の変化の激しい王子サーブも台から出ればバックドライブで鋭いレシーブを返される。ショートサーブでエースを取ることもあったが、終始厳しい戦いを強いられストレート負け。マレッツは大阪ダービーの連敗を止められなかった。