NEWS

日本ペイントマレッツ TOP名古屋に惜敗

2018.11.20(火)試合
金沢での連戦初戦の相手はTOP名古屋。会場には石川県七尾市出身の松平選手を応援する声が響きわたり、またコートサイドにはマレッツへの加入が発表されたばかりの相馬選手の姿も見られました。
名古屋に連勝中のマレッツは着実に勝ち星を伸ばしたいところでしたが、前回と同じくファイナルマッチまで試合はもつれ、今回は惜しくも敗戦。開幕以来勝ち星のなかった名古屋に初勝利を献上するとともに、マレッツは初めての連敗となりました。
次戦は本日11/20(火)の大阪ダービー、日本生命レッドエルフ戦となります。引き続き応援よろしくお願いします。

オープニング




試合ハイライト

第1試合 ダブルス 馮・田代vs森薗・鈴木

マレッツは3試合ぶりに馮・田代ペアが登場。名古屋の森薗・鈴木ペアとは初対戦だったが、接戦を制し大事なダブルスをストレートで取る。ダブルスでは右利き同士で組むと動きが重なり不利とされるが、田代が良く動きラリーでも得点を取っていた。またバックハンドでレシーブをすることの多い田代だが、チキータに加えてストップ、逆横回転のツッツキも織り交ぜチャンスメークをしていた。




第2試合 松平vs呉

前回はファイナルゲームの接戦の末に敗れている呉選手に対して、地元出身の松平はリベンジしたいところ。今回も各ゲーム競ったが、残念ながら1-3で敗戦。地元ファンの前での勝利はお預けとなった。第1ゲームは10-8から、第4ゲームは9-6から逆転されており、あと一本が遠かった。サービスミスやアンラッキーなポイントもあったが、仕留めにいった球にミスが出た。




ハーフタイム

ハーフタイムには西山紀代美バトンスクールSPARKLEの岡本華奈(おかもとはるな)さんがアメイジング・グレイスに合わせて見事なバトントワーリングを披露。マレットちゃんもうっとり。

第3試合 馮vsサマラ

第1ゲームこそ7-7まで競ったものの、そこから4本連取してゲームを取ると、第2、第3ゲームは圧勝。地力の差を見せる形となった。馮はサービス、レシーブで先手を取り攻撃に繋げサマラ選手を圧倒。最後のポイントはサマラ選手がわざとロビングをあげ観客を楽しませるエキシビジョン・ポイントとなった。




第4試合 李vs徐

前回と同じく徐孝元との対戦となった李皓晴。第1、2ゲームを連取し勝利まであと1ゲーム。第3ゲームは取り返されたものの、第4ゲームは試合を優位に進め10-8とリード。しかしここから追いつかれ、計7本のマッチポイントを逃し、15-17でこのゲームを落とす。6-6から始まる第5ゲームは精神的に崩れた李のカット打ちにミスが出て5連続失点を喫し悔しい敗戦となった。第4ゲームまでは常に冷静なカット打ちを続け、相手の反撃にも冷静に対処した李に死角はないかと思われたが、徐は大事な所でサービスエースを取り、李にブロックされても負けずに打ち続けてきた。第2試合の松平戦に続き最後の一本が遠かった。



第5試合 李vs徐

1ゲーム制のビクトリーマッチは第4試合と同じく李vs徐となった。精神的にも非常に苦しい李は試合前に氷水の入った袋を頭にのせてクールダウン。三原監督と馮も懸命にアドバイスを送る。10/27の日本生命戦で森選手に敗れた後に陳思羽選手に勝利したようにビクトリーマッチを勝利で飾って欲しいところだったが、第4試合の嫌な流れは止められなかった。1-3とリードされたところで三原監督が早めのタイムアウトを取るも、李のカット打ちにミスが目立ち2-11で敗戦。名古屋に初勝利を献上することとなった。



相馬選手が通う地元遊学館卓球部の生徒が、モッパー、ボールボーイ、運営の補助に力を貸してくれました! ありがとうございます!