NEWS

日本ペイントマレッツ TOP名古屋に敗戦、勝利数で並ばれる!!

2019.02.01(金)試合
2019年第2戦の相手はTOP名古屋。名古屋とは11/19以来の対戦ですが、マレッツが2勝1敗と唯一勝ち越しています。今日は確実に勝ち星をあげたいところでしたが、初戦のダブルスを落としたことが響き、残念ながら1-3で敗戦となってしまいました。これで名古屋戦は2勝2敗のイーブン。全体の勝利数でも3と並ばれました。
マレッツはチームの勝敗に大きく影響するダブルスがどうしても取れません。三原監督がペアリングに頭を悩ませる日々は続きます。0-3で敗戦が決まった後に、加藤選手が集中力を切らさず、呉選手に完勝したのは見事。4-0の勝利時に与えられる勝ち点4を名古屋に許しませんでした。
次戦は2/10(日)に行われる木下アビエル戦です。場所は横浜文化体育館です。引き続き応援お願い致します!!


試合ハイライト

第1試合 ダブルス 加藤・李vs鈴木・安藤

今日は加藤・李という手堅いペアリングのマレッツ。名古屋は鈴木・安藤のペア。シングルスにおける世界での実績は上だが、全日本選手権でも活躍している鈴木・安藤ペアはコンビネーションがよく、得点パターンが確立している。ラリーでは右右ペアの動きが重なるよう、マレッツペアのバックを連続で攻め、チャンスボールはフォアサイドに一発で決めてくる。1ゲーム目こそ10-12と競ったものの、2ゲーム目は2-5からあっという間に5点取られて万事休す。ダブルスの悩みは続く。



第2試合 相馬vsハン・イン

リオ五輪団体準決勝ラストで福原愛選手を破ったハン・イン選手がTリーグ初参戦。相馬と同じカットマンだ。Tリーグでは日本のシニアのトップ選手に肉薄している相馬がハン・イン選手にどこまで迫れるか期待がかかった。しかしながら、蓋を開けてみると完全に翻弄される形となった。ハン・イン選手のツッツキの変化幅は思った以上に大きく、相馬はミスを連発。大事な所での強打にもミスがない。高校生の相馬が、世界を知るベテランカットマンに、カットマン同士の戦い方を教わる形となった。相馬、頑張れ!!



第3試合 松平vs安藤

先日行われた全日本選手権ではシングルスベスト8、昨年の全日本学生選手権ではシングルスとダブルス2冠の安藤選手。松平と言えばトリッキーなサーブからの攻めが身上だが、安藤選手も早い段階で回転をかけずにフラットに球を叩く非常にトリッキーな速攻を見せる。試合はやはり安藤選手のサーブ時の得点率が高く、次々と速攻を決められ、松平はリズムに乗れない。第2ゲームを奪ったものの1-3で敗戦。マレッツは名古屋相手に悔しいストレート負けとなった。



第4試合 加藤vs呉

昨日に続いて0-3で負けが決まったマレッツ。ベンチは重苦しい雰囲気だが、これ以上の勝ち点は渡さないと加藤が気迫を見せる。第1ゲームは呉選手に1点しか許さず、第2ゲームは5-0とリードするなど圧倒。今後に繋がる勝利となった。