NEWS

日本ペイントマレッツ 2019年は悔しい黒星スタート!!

2019.01.31(木)選手
2019年初戦は今季最後の大阪ダービー、日本生命レッドエルフ戦でした。場所もエディオンアリーナ大阪で入場者数は1,121人と、平日夜にも関わらず大変な盛り上がりを見せました。
2018年11月以降勝ち星から遠ざかっているマレッツ、2019年は白星発進と行きたいところでしたが、レッドエルフはやはり強い。ダブルスとシングルス2本をすべて取られ早々に負けが決まってしまいました。敗戦決定後の4番シングルスで李選手が意地を見せるも、2019年は悔しい黒星スタートとなりました。
今日の試合では、高校生の相馬選手をダブルスとシングルスの両方で起用するという思い切った采配を見せた三原監督。相馬選手は残念ながら両方とも敗戦となりましたが、シングルスでは平野美宇選手にフルゲームまでもつれる激戦を演じました。今後に期待です。そして嬉しいニュースが一つ。李選手がなんと11/15以来の勝利です!!ようやくスランプを抜け出せるか、楽しみです。
次戦は明日1/31(木)に行われます。相手は久々のTOP名古屋、場所は変わらずエディオンアリーナ大阪です。引き続き応援お願い致します!!

企業ブースを展示しています。



オープニング


試合ハイライト



第1試合 ダブルス 松平・相馬vs 常・蒋

松平・相馬という思い切った新ペアで挑んだマレッツ。レッドエルフは安定の常・蒋ペア。相馬の意外性のある球もレッドエルフペアを崩すまでには至らず、また蒋選手とは以前シングルスで対戦したこともあり慣れられていたか、2ゲームとも5-11で取られストレート負けとなった。



第2試合 加藤vs早田

2018年12月に行われた世界選手権選考会で1位の座をかけ争った二人がTリーグでも対戦。この時加藤はストレート負けを喫している。早田選手は前日に発表されたTリーグ2018-2019シーズン前期MVPにも選ばれている。相変わらず切れのいいプレーを見せる早田選手に対し、加藤も気迫を見せ接戦に持ち込むもあと1点が遠く、無念のストレート負け。9-8とリードした1ゲーム目を取りたかった。


ハーフタイムショー




第3試合 相馬vs平野

なんと高校生相馬をダブルスとシングルスの2点使い。相手は2年前の全日本女王平野選手。カット打ちも上手い平野選手にはさすがに難しいかと思われたが、相馬が頑張りを見せフルゲームまで持ち込む。しかし最後は変化を見極められ、無理せず繋いでチャンスボールをしっかり狙ってきた平野選手に離され敗戦。相馬はなかなか勝ち星を上げられないものの、シニアのトップ選手たちと好試合を続けている。このまま経験を積み上げて、チームの力になって欲しい。



第4試合 李vs森

李と森選手は10月以来の対戦。この時はゲームオールで敗れている。スランプに陥っている李は自分を取り戻せるか。一方の森選手は先日の全日本選手権でもシングルスベスト4と好調だ。今日も森選手の正確なストップに苦しめられた李。1ゲーム目を落とし、2ゲーム目も8-10と絶体絶命の状況。しかし、ここから4本連取して逆転。この勢いで3ゲーム目もあっさり取ると、4ゲーム目も先にマッチポイントを握ったが、今度は森選手に逆転される。最終ゲームは8-9とリードされたところでタイムアウト。ベンチのアドバイスが効いたか、最後は3連続ポイントを決め逆転。なんと11/15以来の勝利。李がスランプを抜け、今後マレッツの連敗を止めるキーマンとなるか!?