NEWS

日本ペイントマレッツ 2018年最後の大阪ダービーも敗れる!!

2018.12.27(木)試合
2018年も残り2試合。初の北九州で行われた試合の相手は日本生命レッドエルフでした。大阪ダービー6戦目です。レッドエルフには地元福岡出身で希望が丘高校3年生の早田選手、そして同じく希望が丘高校卒業生の前田選手が在籍。二人の地元凱旋に会場のほとんどをレッドエルフサポーターが占めました。圧倒的にアウェイの空気の中、マレッツも善戦しましたが、馮選手が前田選手に勝利した一点のみで1-3で敗戦。大阪ダービー、悔しい5連敗です。
マレッツの12月の試合相手はレッドエルフ、アビエルの2強のみだったとはいえ、未勝利で終わるのは大変悔しいです!!明日は今年最後の試合、木下アビエル神奈川戦が兵庫県高砂市で行われます。是が非でも勝利で今年を終えたい!! 応援宜しくお願いします!!





第1試合 ダブルス 李・松平vs常・蒋

久しぶりの李・松平ペアを起用したマレッツ。松平がしゃがみこみサーブではなく、巻き込みサーブから試合を始めるなど、変化を見せる。松平のチキータも決まり、試合は一進一退。終盤7-9と離されるも李のドライブが2本決まり9-9の同点。チャンスと思われたが、ここで李が2本レシーブミスでゲームを取られる。ゲーム間には馮が李にアドバイスを送る。しかし第2ゲームは一方的な展開となり5-11で失い、またしてもダブルスを取られる。



第2試合 馮vs前田

前田選手を応援する声が多い中、馮は静かに試合を進める。第1ゲームをデュースで取られるも慌てる様子はない。今度は李が馮にアドバイスを送る。李は前節で前田選手に敗れたばかりだ。馮のバックストレートのロングサーブでスタートした第2ゲームは馮が前陣に張り付き、ショートスイングで回転をかけて前田選手の球をさばき、4-11と一気に奪取。前田選手を攻略したかと思われたが、第3ゲームは前田選手が攻めに守りに息を吹き返し、リードを広げる。しかし馮も冷静さを失わず7-8と1点差に詰め寄ったところでレッドエルフがタイムアウト。ここから前田選手が馮のフォアを攻めて3連続ポイント。ゲームカウント2-1とリードされる。第4ゲーム、馮は5-1とリードしたが6-6と追いつかれる。しかし馮は相変わらずのポーカーフェイス。タイムアウトも取らずに最後に突き放して11-7で取り、6-6から始まる最終第5ゲームに突入。このゲームに入り馮がここぞとばかりに大きな声を出す。最初から力強く攻めてスタートダッシュに成功。最後はこの日何度も決めていたバックへのロングサーブがエースとなり11-8で締めた。アウェイの中でも世界のトップ選手の底力を見せた!!



ハーフタイム

前半をイーブンで終えたベンチは東京ばな奈を楽しむ。少ないながらもマレッツの応援団がありがたい声援を送ってくれている。

第3試合 打浪vs常

アビエル戦で袁選手と大接戦を演じた打浪が登場。強敵常選手に相対した今日も、打浪は元気よく声を出し試合をスタート。第1ゲーム前半はお互いサーブ時に点を取り4-4。やはり打浪のサーブは常選手にも通用するかと思われたが、ここから常選手が老獪なテクニックを見せる。多少甘くなっても打浪が強く打ちにくいレシーブを送り、打浪が焦って攻撃ミスを連発。5-11でゲームを取られる。これで打浪は全くリズムに乗れなくなり、完全に常選手のペース。第3ゲームはタイムアウト後にミドルからサーブを出すなどリズムを変えようとするも常選手は崩れず、ストレート負けとなった。



第4試合 李vs早田

ここのところ波に乗れない李と絶好調の早田選手。残念ながら、現在の調子がそのまま試合に出る形となった。李は早田選手の厳しい攻撃に第1ゲームを6-11、第2ゲームを2-11で落とす。早田選手のミドルから出すサーブに対応できない。早田選手のチキータ、逆チキータも厳しく、どうにか攻めてもカウンターされる難しい展開。 第3ゲームも2-5でタイムアウトを取った後に6-7まで差を詰めるが、レシーブエース、サービスエースを取られ7-11でゲームを失い敗戦。チームも負けが決まった。


試合終了後

松平がTwitterでの約束通り、東京ばな奈を近くの席のファンに渡す。連敗が続いてもファンサービスは忘れない!!