NEWS

11月23日、ノジマTリーグが再開!2019-2020シーズン序盤戦を数字で振り返る

2019.11.22(金)試合
8月29日開幕したTリーグのセカンドシーズン。10月までに木下マイスター東京、岡山リベッツが7試合を消化、その他の男女6チームが6試合を消化しました。

この後、ノジマTリーグは11月23日から本格的に再開しますが、それを前にノジマTリーグ 2019-2020シーズンの序盤戦をデータで振り返ってみます。

【男子】今年は順位から目が離せない!今後のカギはダブルスの成績

◆男子順位表
1位 T.T彩たま:勝点14(4勝2敗/4P勝1回、延長負1回)
2位 琉球アスティーダ:13(4勝2敗)
3位 木下マイスター東京:12(4勝3敗)
4位 岡山リベッツ:6(1勝6敗/延長負3回)

今年の特徴は順位変動の多さです。昨季は木下マイスター東京が序盤から首位を独走しましたが、今季は順位の入れ替わりが目立ちます。

昨季、2位でファイナルに進出した岡山リベッツは最下位と苦戦。特に昨シーズンは16勝5敗だったダブルスで、2勝5敗と苦しんでします。一方でT.T彩たまはダブルスが5勝1敗、琉球アスティーダも4勝2敗と好調で、上位に立っています。

今後はダブルスで勝ち星を重ねるチームと、選手層が厚くシングルスの勝率が高い昨季王者の木下マイスター東京が上位を争う展開が予想されます。

順位の推移

【女子】接戦に次ぐ接戦!求む、ビクトリーマッチのスペシャリスト

◆女子順位表
1位 木下アビエル神奈川:勝点14(4勝2敗/延長負2回)
2位 日本生命レッドエルフ:12(3勝3敗/4P勝1回、延長負2回)
3位 日本ペイントマレッツ:11(3勝3敗/延長負2回)
4位 トップおとめピンポンズ名古屋:8(2勝4敗/延長負2回)

女子は全チームが6試合ずつ消化していますが、混戦模様です。特にマッチカウントが2-2となり、ビクトリーマッチ(延長戦)にもつれ込む試合が増えています。

今季は12試合中、すでに8試合、つまり3試合に2試合がビクトリーマッチとなっています。ちなみに昨季の女子でのビクトリーマッチは全部で12試合でした。これが4チームの勝ち点が接近する理由の1つになっています。

11・12月の戦いもこの傾向が続くと見られ、ビクトリーマッチ(1ゲーム:11ポイント制)、短期決戦のスペシャリストが現れたチームが上位進出となりそうです。