NEWS

プレーオフ ファイナル 選手出場条件、及び、競技レギュレーション

2019.03.12(火)お知らせ
プレーオフ ファイナルの選手出場条件、及び、レギュレーションをお知らせいたします。

【ファイナル出場資格】
ファイナルに出場できる選手は、レギュラーシーズンの8チームマッチ以上出場していること。
出場したチームマッチ数を基準としており、例えば、1チームマッチでダブルスとシングルスの2つに出場したとしてもカウントは1となります。

【競技レギュレーション】
・基本は4マッチ(3シングルス、1ダブルス)で構成
・第4マッチまでの出場者は試合前に確定し、対戦チームとメンバー交換
・プレーオフ ファイナルでは、第3マッチ終了時にマッチカウント3-0(勝敗決定)の場合、第4マッチを実施しない。
・1チームマッチには4名以上オーダーしなければならない (ただし、第3マッチで試合終了の場合はその限りではない)
・シングルスは5ゲームマッチ、ダブルスは3ゲームマッチ。各マッチの最終ゲームは6-6からスタート
・第4マッチ終了時にマッチカウント2-2(同点)の場合、ヴィクトリーマッチ(延長戦)を行う
・ヴィクトリーマッチは1ゲーム(11ポイント)マッチのみ。出場者はその場で決定。ベンチ入りしている選手であれば誰でも出場できる
・1人の選手は、1チームマッチのうち最大2マッチまで出場できる(ヴィクトリーマッチを含む)。
ただし、シングルスは1マッチまでしか出場することはできない(ヴィクトリーマッチを除く)。
・1人の選手がヴィクトリーマッチを除き連続して2マッチには出場できない
・ベンチに入ることができる人数は(1)出場選手4~6名(2)監督1名(3)コーチ1名の最大8名まで

※太字部分がレギュラーシーズンとは異なるレギュレーションとなります。